えぞ式すーすー茶 副作用 原料

えぞ式すーすー茶の安全な飲み物?原料はたったの3つ!?

すーすー茶原料

原料は甜茶、クマザサ、赤紫蘇、この3つのみ。
でもこの3つの成分がアレルギー性鼻炎に効果が期待できるそうです。

 

原産地は

 

  • 甜茶(中国江西省)
  • 赤紫蘇(中国 浙江省)、
  • クマザサ(北海道)

 

厳重な品質検査と管理を行いクリアできた茶葉だけを使用。
甘味料、添加物等は含まれておりません。

 

さらに公式サイトでは放射能の影響についても言及しています。

 

放射能の影響についてはこちら

 

一部抜粋したもの

 

↓↓↓

最終製品に仕上げる製造工場も放射能レベル検査を定期的に実施しております。

 

放射性セシウムについては、定量下限を設定し、分析試験を行い、
その結果として、「検出せず」という証明書を取得しております。

 

 

そのほか、糖尿病や、妊娠中・授乳中でも問題なく飲めるとのことです。

 

ご心配な方はえぞ式すーすー茶の公式サイトのよくある質問で確認してみましょう。

 

3つの成分の役割は?

 

甜茶は、アレルギー反応を抑える、抗ヒスタミン成分が入っており、鼻水のズルズル感を抑える働きがあります。

 

またこの甜茶にクマザサを加えることで相乗効果が高まり、クマザサ自身も抗菌力に優れ、免疫バランスを整える働きがあります。

 

赤紫蘇は天然のステロイドと言われ、赤紫蘇に含まれるポリフェノールが甜茶の成分と合わさり、抗ヒスタミン成分を有効にする働きがあります。

 

 

つまり、シンプルながらもえぞ式すーすー茶は、
アレルギー性鼻炎や花粉症に悩む方にあつらえたお茶なのです。

 

 

また、えぞ式すーすー茶を開発、販売している会社の商品の中には、

 

「カイテキオリゴ」
便秘をサポートする商品や

 

「みんなの肌潤糖」
アトピーの方のための商品と

 

身体の中から変えていく、つまり体質を変えていく商品を得意とする会社です。

 

ちなみにカイテキオリゴは日本で最も売れているオリゴ糖商品
で、みんなの肌潤糖もクチコミより日本一になった商品です。

 

 

便秘やアトピーなども病院で処方してもらえる薬はありますが薬だと副作用の心配する方もいらっしゃるでしょう。
そんな声から副作用の心配のない、えぞ式すーすー茶も作られたのではないでしょうか?

 

 

では、ドラッグストアなどでお手軽に購入できるお薬はどうでしょうか?

 

次のページでは、薬の副作用について見ていきたいと思います。

 

 

次のページへ⇒

 

←前のページにもどる