えぞ式すーすー茶 妊婦 評判 花粉症

えぞ式すーすー茶、妊婦さんでも安心して飲めるのか?

おなかに頬を寄せる子とお母さん

お腹に赤ちゃんのいる妊婦さんは、体調が悪いときでも副作用が与える赤ちゃんの影響を考えて、薬を飲まずに対処しようという方が多いです。
辛い鼻のグズグズが、お茶で改善するならと支持されているのが、えぞ式すーすー茶。妊婦の方でも安心して飲めると公式サイトにも書かれてありますが、実際副作用とかはなかったのでしょうか?

 

妊婦さんの口コミ評判を見てみましょう。

 

妊娠すると体が敏感になるのか、体調がいろいろと変化します。鼻詰まりと後鼻漏もその一つ。
健康茶といってもお茶だし、すぐに効果が上がるとは思ってませんでしたが、鼻詰まりに関しては早くに効き目がありました。
後鼻漏はまだまだですが、期待が持てます。甘いお茶だけど不味くはありません。(30代女性)

 

妊娠してから鼻炎がひどくなった気がします。少しでも楽になればと、えぞ式すーすー茶を購入。薬だと副作用とか心配だけど、お茶なので安心です。
1袋使ってみて、夜のグズグズは楽になりました。気になっていた副作用とかもありません。(20代女性)

 

妊娠前からずっと花粉症なので、その対策用にと購入しました。お茶なので、薬ほどの効果は期待していませんでしたが、妊娠中は薬は飲まないと決めていたので、お茶だけをのむことに。
飲んだら鼻通りは楽になりました。相性がいいらしく、結構効果が続きます。出産が終わっても、卒乳までは薬は控えたいので助かります。(30代女性)

 

毎年花粉の飛ぶ時期になると、鼻水や鼻づまりといった症状に悩まされていました。今は妊娠中なので、薬は飲みたくありません。
なので、このえぞ式すーすー茶を試してみようと思いました。飲んでまだ1週間ぐらいですが、症状が治まりかけてます。
花粉症がなくなるわけではありませんが、楽にはなって助かっています。特に飲んで気分が悪いとかもないし、妊娠中は飲み続けるつもりです。(20代女性)

 

【口コミまとめ】

妊婦さんはやはりおなかの赤ちゃんのことを気にされている方が多いようですね。副作用のないお茶で少しでも症状が和らぐことを期待して飲んでいるようです。
口コミを調べても、副作用的な症状が出たというものはありませんでした。妊婦さんでも安心して飲めるお茶のようですね。

妊婦さんの花粉症、とにかく我慢は禁物です。

 

花粉が飛ばない年はないので、シーズンになってくるとつらい花粉症。おなかの赤ちゃんがいる妊婦さんだと尚更です。
妊婦さんがなぜ大変かというと、普段の花粉症より過敏に反応して症状が出ても、赤ちゃんへの影響を考えて薬は飲まずに我慢してしまう方が多いからです。
妊婦さんにはとりわけつらい花粉症、対策をまとめてみました。

 

≪妊婦さんの花粉症対策≫

 

〈とにかく花粉からガードする〉

花粉症の負担を減らすため、外の花粉を家の中に持ち込まないようにすることが大事です。花粉が飛び交う前から始めると効果的です。

  • 外出時は、マスク・ゴーグル・花粉の付きにくい服・花粉を防ぐ塗り薬などを活用する
  • 花粉の多いときは洗濯物は室内で干す、部屋をこまめに掃除する。空気清浄機や加湿器なども利用する。

 

〈食べ物、生活習慣で免疫力を高める〉

免疫力が高まると、アレルギー症状を和らげることができます。

  • 腸内環境を整え免疫力を高める食べ物を、積極的に摂る。(ヨーグルト、レンコン、しそ、トマト、青魚、黒酢などがおすすめ)
  • 偏食や寝不足、ストレスを溜め込むといった生活習慣の乱れも免疫力が落ちる原因となります。

 

〈薬を飲まずに我慢は間違い〉

薬を飲まない妊婦さんの理由は「飲んで赤ちゃんにもし障害が出たら…。」というもの。
でも、薬による奇形の確率は低く(5千人に1人ほど)、可能性がある薬を飲み続けでもしない限り、薬のせいだとは言えません。
とは言え、赤ちゃんの身体が作られる妊娠2か月〜4か月の初期の間は、なるべくなら避けた方が無難です。

 

安定期に入ると妊婦さんでも薬が使えます。花粉症の薬の目薬と点鼻薬は、特に赤ちゃんの影響もないとされ、妊婦さんにも処方されています。
ちなみに、くしゃみを連発すると流産や早産になると思われがちですが、腹圧がかかっても、子宮は収縮しませんので赤ちゃんへの直接な影響はありません。

 

〈ストレス溜めずにリラックスする〉

ひどい症状を我慢してストレスが溜まってはかえって体に良くありません。無理はしないで病院で診察してもらいましょう。自己判断で薬を使うのはNGですよ。

 

お茶なら副作用なしで花粉症対策ができる!?